テーマ
  •  TOP
  • 会長ご挨拶

会長ご挨拶

 皆様、こんにちは、元気ですか!

元気が一番、元気があれば何でもできる、ご存じアントニオ猪木の名言です、今後1年間この言葉を頼りに、会長を務めさせていただきます、よろしくお願いいたします。

まず最初に、井上前会長、小山幹事一年間ご苦労様でした。今年に入りコロナ禍の中、いつもと違うクラブの例会や休会、クラブや地区のイベントや行事の中止等大変だったと思います、本当にありがとうございました。

さて、本年度のロータリーのテーマは、「ロータリーは機会の扉を開く」地区方針の中にある「TOGETHER~+もっと自由に」、「楽しむための一番の方法は、例会であれ、会議であれ、みんなが集まること(TOGETHER)です」と書かれています、これらを参考に、本年度の活動方針は、会員増強・会員維持をかかげました。
クラブ設立から27年が経過し、津久井クラブとの合併を経て、新しい形の津久井中央ロータリークラブを会員全員で、作り上げていきましょう。そのためには、新会員を増強することが必要不可欠です。現会員、元会員、家族等にも声をかけ情報を集め、加入することが大切です。粘り強く頑張りたいと思いますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。今後もコロナウイルスの関係で、活動計画が予定通りに行かないと思いますが、皆様の知恵を出し合って解決していきたいと思います。

 話は変わりますが、6月24日に第5Aグルーブの会長幹事会が開催され、グリーンロータリーのガバナー補佐福山さん、相模原ロータリー、グリーンロータリー、橋本ロータリー、ニューシテイロータリーの会長幹事と当クラブの2名合計で11名の初顔合わせがありました。本来なら3月位に開催されるのですが、コロナ禍の影響で6月になりました、Aグループは相模原ロータリークラブを中心のグループで、Bグループは南ロータリークラブを中心のグループだそうです。コロナ対策のソーシャルディスタンスを守りながらの会議と懇親会もお酒も入り、皆様気持ち良く会話され楽しい会でした。ちなみにガバナー補佐がAグループには女性がいませんねと小さい声でつぶやいているが印象的でした、

最後に、一年間会員の皆様、特に幹事の小川会員、事務局の山口さん色々と大変だと思いますが、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
以上を持ちまして、最初の会長挨拶とさせていただきます。

水野 茂

ページTOPへ