テーマ
  •  TOP
  • ご入会方法

ご入会方法

入会の条件

入会する方は、原則として会社の経営者または経営者と同レベルの方(例えば、大学教授、地域拠点の支店長等)です。会社規模などは問いませんが、ロータリークラブ(以下、RC)の会員として相応しいかどうか、候補者と会社(組織)について審査があります。
RC設立時の基本理念として、RCのメンバーは原則的には同じ業種からは1名しか加入できないこととなっていましたが、現在の規約では1割の重複まで許されています。入会に当たっては職業分類が何であるか、(または職業分類をどうするか)確認させていただきます。

推薦人

入会に際し原則として当クラブの2名の会員が推薦人となります。いずれかの推薦人が、定められた推薦用紙に必要事項を記入します。

必要事項
1. 名前 2. 生年月日 3. 職業分類(業種) 4. 会社名とその所在地
5. 役職名 6. 自宅住所・電話番号 7. 出身校 8. 趣味 など

入会審査

推薦人は推薦状(クラブ指定履歴書)を幹事に提出します。幹事は理事会に入会の提案を行い、理事会で審査します。また同時に職業分類を協議します。理事会の承認を受けて、氏名公表が行われます。氏名公表とは入会希望者のプロフィール等の情報が現会員に開示されることで、もし入会に反対する場合は、7日以内に文書で異議申し立てを提出します。
異議がない場合は、入会が認められたことになります。

納金

ロータリークラブの規約では、入会承認の前に定められた入会金および会費を納入しなければならないとなっていますが、当クラブでは入会承認後に入金していただくことになっています。

年会費 19万2千円
* 途中入会者は月割り計算

入会にあたってのQ&A

Q:費用はどのくらいかかりますか?

A:会費は年間19万2千円です。


Q:年会費にはどのような費用が含まれますか?

A:クラブの通常の活動維持費の全てを賄っています。従って毎週の例会の会場費、食費、卓話講師の謝礼なども含まれています。事務局の維持費も含まれます。


Q:週一回の集まりは皆さん集まれるのでしょうか?

A:クラブによって例会日と時間が異なりますが、当クラブは水曜日12:30 – 13:30の1時間です。会員は何とか時間をやりくりしながら集まります。これは仕事のやり方の工夫にもつながり、新たな時間を作り出すトレーニングにもなっています。
またどうしても自分のクラブの例会に出席できない時は、メークアップという制度で、他のロータリークラブの例会に出席することで所属クラブの例会に出席したのと同じ扱いになります。地方出張や海外出張の際、現地のロータリークラブの例会をインターネットで調べて参加するのも楽しみとなるでしょう。


Q:ロータリーに入会してやり甲斐とは何ですか?

A:一人でやることの出来なかった奉仕を仲間と一緒に達成できること。そして地域(世界)の皆さん(仲間)と一緒にまち(世界)を明るく元気にする活動ができること。


Q:入会して有益なことは?

A:卓話で各分野での第一線で活躍される方たちのお話を伺えること。ロータリーの活動を通して新たなネットワークを構築できること。地域社会での新たなリーダーシップが発揮できること。等々、入会されたメンバーは新たなロータリーの魅力をそれぞれ発見しています。


Q:ロータリーに入って一番楽しいことは?

A:仲間が集まると自然に同好の輪が広がり、クラブ内に同好会や会合が生まれます。ゴルフ会や写真撮影会、親睦会、炉辺会合、など。また家族が一同に楽しめるクリスマス会やグルメ会、旅行会などもあります。皆さんが何か皆で楽しんだり、勉強したり、奉仕したりと興味があるものを「この指とまれ」方式で皆に声をかけて新たな活動やネットワークを広げることができるのです。それがロータリーの楽しみであり可能性だと思います。


Q:具体的な入会までの手続きはどうなりますか?

A:もし当クラブに知人がいれば(会員一覧を参照してください)そのメンバーへ連絡してみてください。また、知人がいなければ事務局までご連絡ください。


ページTOPへ